困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
生態|黒星病

黒星病 の生態について紹介いたします。

黒星病写真

黒星病

バラに多く見られ、葉に黒い円形の斑紋ができ、やがて株の勢いが衰える。梅雨などの雨の季節に多発

発生しやすい植物
花木(主にバラ、ハマナス、ノイバラなど)

生態

病原菌は被害茎や落葉した病斑上で越冬し、翌春、雨滴のはね返りなどにより伝染します。そのため、20~25℃程度の比較的高温で雨が続く時期(梅雨など)に多発します。

黒星病についてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents