Q12:「活力剤」と「肥料」は違うのですか?

Questin? > Answer

A12:活力剤や活力素などと呼ばれている製品(微量の肥料成分が入っている製品もありますが)は本当の意味での肥料ではありません。ですから「活力剤」だけで植物を健全に育てることはできません。主なものには次の二つのタイプがあります。

【低濃度の肥料成分を含む製品】

肥料は肥料取締法と言う法律により、製品に含まれる肥料成分の含有量が定められていて、その基準に満たない製品は「肥料」という名称では販売できません。そのため、低濃度の製品は「活力剤」として販売されます。代表的な製品としてはアンプル剤があります。

【植物の活性を高める製品】

植物の生理活性を高める製品も「活力剤」という名称で販売されています。アンプル剤などがそのまま使用するのに対し、この種の製品は水に希釈して使用するものが多いです。

いずれにしても、活力剤だけでは植物に充分な栄養を補給することはできません。活力剤を効果的に使うには、植物にとっての主食である肥料と併用することが必要です。つまり、「活力剤」は人間の場合に例えると、栄養補助食品のような役割をする製品なのです。

Question?

Q1 なぜ、肥料が必要なのですか?
Q2 肥料の成分には、どんな物があるのですか?
Q3 肥料の成分はどんな働きをしているのですか?
Q4 肥料の原料にはどんな種類がありますか?
Q5 肥料にはどんな種類がありますか?
Q6 肥料で使う言葉で「緩効性」とはどういう意味ですか?
Q7 水溶性、可溶性、ク溶性、不溶性とはなんですか?
Q8 成分の比率によって効果は異なるのですか?
Q9 肥料はどこから吸収されるのですか?
Q10 肥料はどんな形態で吸収されるのですか?
Q11 「元肥」、「追肥」とはどのような意味ですか?
Q12 「活力剤」と「肥料」は違うのですか?
Q13 堆肥や腐葉土も肥料ですか?
Q14 化学肥料を使用すると土が荒れると言いますが、本当ですか?
Q15 肥料を選ぶポイントは何かありますか?
Q16 肥料はいつ与えれば良いのですか?
Q17 肥料を与えるときのポイントは?
Q18 種まきのときに肥料は不要なのですか?
Q19 以前に買った肥料があるのですが、いつまで使えますか?

eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents