Q17:肥料を与えるときのポイントは?

Questin? > Answer

A17:園芸植物にとって肥料は欠かせないものです。育てる人がしっかりと面倒をみなければなりません。「元肥+追肥」という組み合わせを基本に考えます。
肥料の必要量は植物の種類や生育ステージ、さらに土の種類や状態によっても異なるため一概に言うことは難しいのですが、許容範囲は大きいので、極端に濃すぎたり、特定の成分が偏らなければ、それほど厳密になる必要はありません。

【元肥の与え方】

元肥には長期間効果が持続する緩効性肥料(「マイガーデン元肥用」)か、有機質ベースの遅効性肥料を使用します。

1)鉢、プランターなどコンテナ類の場合

清潔で、発酵などの問題の無い、緩効性肥料を事前に培養土に混ぜておきます。

2)庭植えの場合

草花や野菜では鉢同様に緩効性肥料を土壌に混ぜるか、有機質ベースの遅効性肥料を使用します。有機質ベースの場合、土に混ぜる方法もありますが、苗を植え付ける場所の下の土に混ぜるようにします。庭木類では有機質ベースの肥料を使用し、植え穴の下の土と混ぜてから植え付けます。既に植えてある庭木類には冬期(休眠期)に寒肥を与える場合、植え穴にまくことができないので、樹冠下付近に数カ所穴を掘って有機質ベースの肥料を与えます。

【追肥の与え方】

追肥には速効性の液体肥料(「花工場原液」など)、もしくは緩効性肥料(「マイガーデン植物全般用」、「エードボールCa」)を使用します。

1)鉢、プランターなどコンテナ類の場合

液体肥料を使用方法に従い鉢底から流れ出るぐらいたっぷりと与えます。また、緩効性肥料を鉢土の上に置くか(置肥)、浅く埋め込むようにして与える方法もあります。

2)庭植えの場合

液体肥料を定期的に与えても構いませんが、通常は緩効性肥料を与えます。庭木類では草花などのように頻繁に与える必要はありませんが、生育期に1回程度、樹冠下の内側に緩効性肥料などを全面散布して軽く土と混ぜ合わせるようにします。

Question?

Q1 なぜ、肥料が必要なのですか?
Q2 肥料の成分には、どんな物があるのですか?
Q3 肥料の成分はどんな働きをしているのですか?
Q4 肥料の原料にはどんな種類がありますか?
Q5 肥料にはどんな種類がありますか?
Q6 肥料で使う言葉で「緩効性」とはどういう意味ですか?
Q7 水溶性、可溶性、ク溶性、不溶性とはなんですか?
Q8 成分の比率によって効果は異なるのですか?
Q9 肥料はどこから吸収されるのですか?
Q10 肥料はどんな形態で吸収されるのですか?
Q11 「元肥」、「追肥」とはどのような意味ですか?
Q12 「活力剤」と「肥料」は違うのですか?
Q13 堆肥や腐葉土も肥料ですか?
Q14 化学肥料を使用すると土が荒れると言いますが、本当ですか?
Q15 肥料を選ぶポイントは何かありますか?
Q16 肥料はいつ与えれば良いのですか?
Q17 肥料を与えるときのポイントは?
Q18 種まきのときに肥料は不要なのですか?
Q19 以前に買った肥料があるのですが、いつまで使えますか?

eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents