Q11:鉢の材質によって土を替えた方が良いのですか?

Questin? > Answer

A11:鉢には素焼き鉢、駄鉢、プラスチック鉢、紙鉢など材質は様々あり、用土と管理方法を同一で栽培すると生育に差が出てきます。素焼き鉢や紙鉢では鉢の表面から空気が出入りし、水も蒸散するため比較的乾燥しやすいです。そのため、より保水性がある土が適しています。逆にプラスチック鉢の表面は水や空気を通さないため、より排水性や通気性に優れる土がよいことになります。
鉢の種類だけでなく、水やりの間隔、置き場所など管理方法、更には植物の種類によっても最適の用土は微妙に異なります。市販の培養土をそのまま使用するだけでなく、更にブレンドして自分の栽培管理に合わせた用土で楽しむ方法もあります。

Question?

Q1
土の役割は何ですか?
Q2
土には良い土と悪い土があるのですか?
Q3
どんな種類の土があるのですか?
Q4
培養土って何ですか?
Q5
自分で培養土を作りたいのですが?
Q6
鉢の土はフルイにかけて微塵を抜くことが必要なのですか?
Q7
pH、EC、CECって何ですか?
Q8
赤玉土はリン酸成分を吸着すると聞きますが…
Q9
ミミズのいる土はよい土ですか?
Q10
庭の土と鉢土とは違うのですか?
Q11
鉢の材質によって土を替えた方が良いのですか?
Q12
マルチングってなんですか?またどんな効果があるのですか?
Q13
なぜ、土は酸性化するのですか?
Q14
土壌酸度を修正する方法を教えてください。
Q15
鉢土の再利用法を教えてください。

eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents