Q16:いろいろな薬剤を混ぜて一緒に使用しても大丈夫ですか?

Questin? > Answer

A16:複数の薬剤を混ぜて使うことを「混用」と言います。例えば、殺虫剤と殺菌剤を混用したり、「オルトラン水和剤」(持続性)と「スミチオン乳剤」(速効性)を混用するなど、作用性や目的の異なる薬剤を混用して多くの病害虫を一度に退治できれば時間も手間も省け、薬剤の相乗効果も期待できます。ただし、薬剤の相性によっては混用できない組み合わせもあります。代表的な例として、石灰硫黄合剤や強アルカリ性の薬剤は混用には不向きです。実際に混用をする場合には、説明書に記載がある場合はその説明に従い、記載のない薬剤については各メーカーに問い合わせるなどして、混用の適否を確認する必要があります。

Question?

Q1 なぜ、我々が育てている植物は害虫に食べられたり、病気にかかったりするのですか?
Q2 農薬って何ですか?
Q3 天敵も農薬になるのですか?
Q4 農薬の登録はどうやってとるのですか?
Q5 農薬にはどんな種類があるのですか?
Q6 殺虫剤にはどんな種類があるのですか?
Q7 殺菌剤にはどんな種類があるのですか?
Q8 除草剤にはどんな種類があるのですか?
Q9 どんな種類の害虫がいますか?
Q10 病気の原因は何ですか?
Q11 薬剤の選び方を教えてください。(殺虫剤・殺菌剤)
Q12 いろんな剤型の薬剤がありますが、違いはあるのですか?
Q13 ラベル(説明書)の見方を教えてください。
Q14 農薬使用基準って何ですか?
Q15 濃度を濃くすれば良く効きますか?
Q16 いろいろな薬剤を混ぜて一緒に使用しても大丈夫ですか?
Q17 水に薄めた薬剤は取り置きできないのですか?
Q18 展着剤って何ですか?
Q19 家庭菜園向きで、特に安全性の高い農薬はありますか?
Q20 薬剤を使わない防除法があれば教えてください。
Q21 有効期間(最終有効年月)が記載されていますが、期限が切れた薬品は効果がないのですか?
Q22 有効期間(最終有効年月)が記載されていない薬剤があるのはなぜですか?

eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents