暮らしの中で園芸を楽しむ園芸の基本
まずは知りたい園芸知識

整枝・剪定のテクニック:樹形を整えるをご紹介します。このページでは庭木・花木の剪定についてご紹介しています。

「園芸の基本」目次に戻る

7.整枝・剪定のテクニック:樹形を整える

7-2.庭木・花木の剪定

剪定には「間引き剪定」と「切り戻し剪定」があり、整枝剪定の作業はこの2つを組み合わせて行います。間引き剪定は1度行えば2~3年は行わなくてもよいでしょう。


落葉樹の剪定

落葉樹の剪定

常緑樹の剪定

常緑樹の剪定

間引き剪定と切り戻し剪定

間引き剪定

密生して込んでいる枝、勢いのない枝、病害虫の被害が出た枝など、不要な枝を取り除く作業で、枝の途中で切り詰めるのではなく、付け根から切り取るので、「枝透かし」とか「枝抜き剪定」とも呼ばれています。この剪定は、樹形をつくることより、健全な木にすることが目的の作業で、間引き剪定をすることにより、内部への日当たりと風通しがよくなり、病害虫の発生を予防する効果もあります。

切り戻し剪定

伸びた枝を途中で切って形を整える剪定で、枝の若返りを図ったり、樹形を小さくしたり、一定の大きさを維持するときなどに行います。切り戻しをすると、枝の芽数が少なくなるため、一般に切らなかったときよりも勢いよく新梢が伸びるので、花木類は花後に強く切り戻し、勢いのよい新梢を出させることも多々あります。

切り戻しの基本

切り戻しの基本

庭木・花木の剪定についてご紹介しています。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents