野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|トケイソウの育て方

監修 広島市植物公園 島田有紀子

トケイソウを育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

トケイソウ写真

花が時計の文字盤に似ていることから、トケイソウの 名前で呼ばれます。 どの種類も花はユニークで、果実や香り、食味も楽しめる種類が多くあります。写真はオオミノトケイソウです。

使用するもの

  • さし木苗(つるの長さが2mぐらいあるもの)2株
  • 深型プランター
  • 市販の「草花培養土」
  • 鉢底石
  • 鉢底ネット(プランターに付属の鉢底ネットがない場合)
  • 土入れ、または移植ゴテ
  • つるもの用ネット(目の大きさが10cm角ぐらいのもの)
  • 支柱(2m以上)
  • 麻ひもやビニールタイ
  • 肥料(粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」、「マイガーデン植物全般用」、「マイガーデン元肥用」、液体肥料「花工場原液」)

準備

ネットは倒れないように、設置場所にふさわしい取りつけ方を工夫しよう。

植えつけ方

植えつけ

水はけのよい、よく肥えた用土を使って鉢植えにするのが基本です。温暖な地域では庭植えにしても、簡単な防寒で冬越しができるケースもありますが、苗が小さいうちは、鉢植えにして、晩秋に室内へ取り込んだ方が安全でしょう。

植えつけ適期: 5〜6月
①鉢底が隠れる程度の量の鉢底石を敷いて、元肥として粒状肥料を混ぜた用土を入れます。
②ポリポットや鉢を外した苗の根鉢を軽くほぐしたら、プランターあたり2株を目安に、土入れや移植ゴテを使って植えつけます。根を傷めないように、深さを合わせて植えましょう。
③つるもの用ネットを張った場所にプランターを置き、つるをネットに配り、麻ひもなどで結び留めておきます。
④ジョウロで十分に水を与えたら植えつけ完了です。

監修 広島市植物公園 島田有紀子

広島市植物公園にて、ベゴニアやゼラニウムをはじめ、種々の草花と鉢花を扱う。大阪府立大学大学院農学生命科学研究科修了。農学博士。科学的な根拠をもとに植物の魅力を最大限に発揮させることを心がける。著書に、「よくわかる栽培12か月木立ち性ベゴニア」(NHK出版)、「ナチュラルガーデンをつくる~宿根草~」(共著・NHK出版)、「園芸入門」(共著・NHK出版)、「球根の開花調節」(共著・農文協)、「農業技術体系」(共著・農文協)など多数。

トケイソウの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents