暮らしの中で園芸を楽しむ園芸の基本
まずは知りたい園芸知識

揃えておきたい園芸用具についての基礎知識をご紹介します。このページでは水やりのために必要な道具とその使い方を屋内用・屋外用に分けてご紹介します。

「園芸の基本」目次に戻る

2.揃えておきたい園芸用具


2-2.水やりの道具

園芸作業で最も大事な水やり。さまざまな道具がありますが、最もポピュラーなものはジョウロです。ジョウロは、水を蓄える「タンク」、水を出す長い「筒部」、水流を調節する「ハス口」の3つの部分からできていますが、重要な部分は「ハス口」です。ハス口の穴の大きさで、水の広がる範囲が決まります。穴が細かいほど、穏やかな水流になり、植物を傷めずに散水できます。ハス口を下に向けたり、上に向けたりすることによって水の出方が変わります。また、ハス口を外して使うこともあるので、多くのジョウロでは取り外しができるようになっています。

屋外で使う水やりの道具

■ジョウロ
水を入れると重くなるので、軽くて持ち運びに便利なプラスチック製が実用的。ハス口が取り外せるものが便利。

ジョウロ
ジョウロ


・ジョウロのいろいろ
筒部が長いタイプのジョウロは、注水口がタンクの本体より高くなっているので、ジョウロを傾けても注水口から水はこぼれず、安心して水やりができる。銅製のジョウロは丈夫で長期間使用が可能。ハス口の穴が細かいので、ゴミなどが入らないように、注水口に取り外しができる網がついている。


【ジョウロの使い方】
① ハス口を上向きに…広範囲にふんわりとやわらかく水が与えられる。

目的の位置に集中的に水が与えられる


② ハス口を下向きに…目的の位置に集中的に水が与えられる。

広範囲にふんわりとやわらかく水が与えられる


③ ハス口を外す…株元に与えたいときにはハス口を取り外すが、水の勢いが強いと土が削られて根が露出するので、そそぎ口に手を当てて、水の勢いを抑える。

ハス口を外す



■ホースリール
ホースを巻いてコンパクトに収納できる用具で、庭植えの水やりに欠かせない。ホースとホースノズルがセットされたものも多い。

ホースリール
ホースリール


■ホースノズル
散水するときにホースの先に取り付けるもの。水の出方をワンタッチでシャワー、ジョウロ、噴霧、止水などに変えられる便利なノズルもある。

ホースノズル
ホースノズル


屋内で使う水やりの道具

■水差し
室内で、鉢土に水をそそぐときに使うほか、液体肥料を株元に施すときにも使う。ノズルが細くて長いものが注ぎやすい。プラスチック製のものが軽くて実用的。

水差し
水差し


■霧吹き、スプレー
タネまき後や葉水を与えるときに使う。レバーが軽く動いて、片手で扱えるものが使いやすい。屋外での鉢植えの管理にもあると便利。

霧吹き、スプレー
霧吹き、スプレー

水やりに必要な道具とその使い方を屋内用・屋外用に分けてご紹介します。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents