植物を心地よく過ごさせるには?

あなたのお花の置き場所は?

以前から気になっていた花。売り場で一目惚れしてしまった花。はじめてのガーデニングに当たって手に入れた植物は、元気に育っているでしょうか。そこで、まずは植物を置いている場所をチェックしてみましょう。

置き場所チェック!

植物は、こんな場所に置きましょう。

  • 1日のうち、5~6時間日が当たる。
  • ほぼ1日中、そよ風が吹いている。

こんな場所は注意しましょう。

  • 1日のうち、2~3時間日が当たる。
  • 集合住宅の高層階で、ほぼ1日中、風が吹きつける。

こんな場所はNG!

  • 1日のうち、ほとんど日がささない。
  • 周囲が壁で囲まれていて、ほとんど風が通らない。
 

植物は…日当たりと風通しのよい場所に置こう

植物の多くは、日当りと風通しのよい場所を好み、そうした場所ですくすくと育ちます。1日のうち、5~6時間日が当たり、そよ風が常に心地よく吹いている場所がベストです。

建物の東側や西側、住宅密集地など、1日のうちに2~3時間だけ日が当たる場所は、植物の置き場所としては、まずまず。プリムラ、ワスレナグサ、ミヤコワスレ、インパチェンスなど、明るい日陰を好む植物を選べば、問題なく成長します。

なお、建物の北側は日が当たりにくいですが、周囲が開けている場合は反射光で明るいこともあるので、置き場所に全く向かないことはありません。反対に南向きでも、塀やベランダの囲いの真下は日が当たりにくいので、スタンドを用いて、日が当たるようにしましょう。  

高層住宅のベランダなど、強い風が吹きつける場所では、花や葉が傷みやすくなります。また、つる性の植物はつるが巻きつきにくいほか、強風で鉢が倒れたり、飛んだりする危険もあります。風当たりの強い場所に置く場合は、花びらや葉が厚く、傷みにくい植物を選び、鉢が飛ばないようにする工夫が必要です。

水やりは…乾き具合をチェックして与えよう

植物の成長に、日ざしや風と同じぐらい大切なものが水分です。特に鉢植えの場合は、鉢の中の限られた分量の土が保つことのできる水だけが頼り。鉢土がカラカラに乾けば、植物はぐったりとしおれて、深刻な場合はそのまま枯れてしまいます。反対に、鉢土が乾いていないときにどんどん水を与えると、根が水浸しになり、腐って枯れることも。水は、鉢土が乾いたタイミングを見計らって、たっぷりと与えることがお世話のコツです。

水やりのプロセス

Process 1

土の表面に触れてみましょう。土がまだ黒くしっとりと湿っていたら、水は不要です。白っぽく乾いてカサカサしていたら、水やり時。

Process 2

水さしやハス口を外したジョウロを使い、植物の株元の土へ水を静かに注ぎます。土の表面が全体的に湿るように数回に分けて注ぎ、鉢底から水が流れて出てきたら、OK。

Process 3

水やりの注意点

室内に鉢植えを置く場合など、場所によっては鉢皿を使う場合があります。水を与えたとき、鉢皿に水が残らないよう、必ず捨てておきましょう。鉢底が長時間湿っていると、根が腐り、植物が枯れてしまうことがあります。

はじめてさん5月のポイント
植物は、日当りと風通しのよい場所に置きましょう。
水は、土の表面が乾いていることを確認してから与えます。
鉢皿にたまった水は、必ず捨てておきましょう。

eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents