育てたお花で・おでかけリース

おでかけリース

育てた草花を使ってつくるリースは、季節ごとの宝物。輪になったリースには「永遠」の意味があるそう。だから、ドアやお部屋の壁のアクセントに飾るリースは、幸せの印です。そんなリースをバッグに添え、ハッピーを連れてお出かけなんていかが? お祝いの席にもぴったりですね。

フランネルフラワー

フランネルフラワー

オーストラリア原産のセリ科植物で、花や葉の質感からこの名があります。かつては冬にオーストラリアから切り花として輸入されていましたが、季節が逆になる日本での花期は夏。風通しのよい場所で過湿をさけて育てます。肥料は三要素のバランスのよいものを与えましょう。

ホワイトレースフラワー

ホワイトレースフラワー

セリ科らしい、パラソルのような花を咲かせます。草丈が1m近くにも伸び、スペースのある花壇では、さりげない背景として役立つでしょう。タネまきから育てる時は、発芽まで乾かさないように管理することが大切です。

デルフィニウム

デルフィニウム

草丈2m近くまで伸び、クリアなブルーの花は、ほかにはない印象。冷涼な気候を好むため、日本では栽培しにくかったのですが、近年では育てやすい品種が登場しました。根鉢を崩さず、ていねいに植えつけるのがポイント。背が伸びたら、支柱を添えましょう。

ベースにするグリーンフィカス・プミラ

グリーンフィカス・プミラ

シワのある小さな葉がついた茎が、這うように伸びるグリーンです。丈夫で、日当たりから日陰でもよく育ちます。気根を出してへばりつくので、ブロックや石垣に這わせても。
*ほかアイビーやワイヤープランツなども利用できます。

Process 1

PROCESS 1

摘みとった花やグリーンは短く切りそろえ、切り口を水の中で切り直します。そのまま30分ほど水にさして水揚げをしっかりしておきます。

Process 2

PROCESS 2

好みの花を2~3本まとめて、切り口を覆うようにフローラルテープを引っ張りギュッと巻いて束ねます。花を長持ちさせたい場合は、この時、切り口を湿らせたコットンで巻いてからフローラルテープを巻きます。同様の方法で、ミニブーケを数個作っておきます。

Process 3

PROCESS 3

長さ20cmほどのつる状のグリーンを用意し、リースのベースにします。つるについた葉がまばらなところにProcess 2 のミニブーケを添え、フローラルテープをギュッと巻いて留めます。バランスのよい位置にミニブーケを留めましょう。

Process 4

PROCESS 4-1PROCESS 4-2

アクセサリー用留め具の輪をラジオペンチを使ってずらし、端に近い位置のつるに通してから、留め具の輪を戻します。もう一方の留め具も、同様に取りつけます。つるの両端の留め具を使って、バッグの持ち手にリースを輪にして留めます。

リボンバージョン

リースのベースをリボンで作ってみると、より華やかな装いに。
フローラルテープで束ねたミニブーケを、リボンで結びながらつないでリースにします。

リースのベースのリボン

フローラルテープで束ねたミニブーケ

制作 Round*R www.round-r.com

手作りガーデニング雑貨をサポートする

追肥には・・・

花工場原液

植物の生育に必要な三大要素に各種微量要素とビタミン類をプラス。液体肥料花工場原液は、さまざまな植物の生育を応援します。 必要なときに必要な分量を薄めて使えるので、経済的です。

eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents