困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
灰色かび病

灰色かび病写真

灰色かび病

やや温度が低い多湿時に発生。花弁がつぼみ、茎葉などにかびが生え、繁殖力が強く被害部が腐敗する

発生しやすい植物
草花、野菜、庭木、らん類、球根などほとんどすべての植物

被害症状

茎葉が溶けるように腐り、さらに病気が進行すると灰色のカビに覆われます。花では始め、花弁に水滴がにじんだ様な跡がつき、白い花では赤い斑点、色のついた花では白い斑点が多数生じます。病気が進行すると花が褐色になり腐ってきて、やがて灰色のカビに覆われます。

contents